ホーム > これまでの実績一覧 > 33Kv トヨタ紡織 リレー点検 

これまでの実績

前の実績へ
次の実績へ

33Kv トヨタ紡織 リレー点検 

送電線の保護装置点検作業を行いました。

今回は、新入社員の教育研修もかねて行いましたので

通常の点検以上に、慎重に行いました。

 

この点検は3年に1回行われます。

この作業は、次の手順で行いました。

1 試験器材類の搬入をします。

  羽黒変電所 001.jpg

2 試験器(簡易模擬故障試験器)を組み立てます。

  羽黒変電所 002.jpg

3 電源(AC200v、AC100v、DC100v)の接続を行います。

  羽黒変電所 004.jpg

4 カバー点検・清掃を行います。

  羽黒変電所 003.jpg

5 各点検を行いました。

  SANY0027.JPG

今回の作業で、新入生に注意したことは次の4点です。

1 準備作業   

     周辺装置は全て運転中なので、振動を与えないこと。
     重量物試験器は腰を痛めないよう、二人で運搬をすること。

2 試験器の組み立て (不明な点は上司に聞くこと)

     誤配線しないよう確認をすること。
     締付けを確実に行うこと。

3 電源の接続

     低圧感電に注意をすること。

     極性をチェックすること。
     フレーカーの動作確認をすること。

4 カバー点検・清掃を行います。

     ガラス製であるため、破損させて怪我をしないこと。
     スプリング等の細い部品にも留意すること。

研修期間は見学が中心ですが、監視があれば上記①~④程度の作業は
可能です。
基本を忠実に守り、不明な点は先輩に聞いて指示通り行ってください


ページ先頭へ