ホーム > これまでの実績一覧 > 名城変電所  湧水槽の点検

これまでの実績

前の実績へ
次の実績へ

名城変電所  湧水槽の点検

湧水槽とは、雨水等を貯めるために地下に作られた
大きな水槽です。

湧水槽の役割は、連絡管から排水ポンプのある槽に送られた水を
電極センサーにより監視をします。

  名城湧水槽 016.jpg

また、排水ポンプにある水位まで到達すると、電極センサーが働き
外に排水をします。

連絡管の流れや電極センサーが、正常に作動しているか点検をします。

 

作業は次の手順で行いました。

1 水槽内の喚気を確保する。

  名城湧水槽 047.jpg

2 水槽内の酸素濃度・硫化水素の測定をする。

  名城湧水槽 057.jpg

3 水槽内の照明の設置をする。

  名城湧水槽 017.jpg

4 水槽内の清掃を開始する。

  名城湧水槽 051.jpg           名城湧水槽 050.jpg    

 

  5 電極センサーの取替えをする。

  名城湧水槽 025.jpg       名城湧水槽 026.jpg

6 土嚢の引き上げをする。

  名城湧水槽 063.jpg

この作業で一番気をつけることは、次の2点です。

1 作業場が地下のため、酸素濃度を確認することです。

2 照明などの電源リードを確保することです。

 

この作業は、10日間ほどかかりました。

湧水槽は、4年に1度の作業ですので、悪臭も強く水も
汚れているのでどちらかと言えば嫌な仕事です。

 

しかし、嫌な顔をせずバリバリ仕事をしてくれますので
とてもありがたいです。

と、現場責任者の松本さんから感謝の言葉がありました。

ほんとに、ありがとうございました。


ページ先頭へ