電気設備機器 点検現場ブログ

電気設備機器 点検現場ブログ

このブログについて

高圧電気設備機器点検・メンテナンスを行っている、東春電気工業の活動内容をお知ら...

このブログについて

月別に見る

検索

【5-4_安全アーカイブ】

(株)シーテック・協力会による安全パトロール  枇杷島変電所

今回は、安全パトロールについて紹介します。

このパトロールは、(株)シーテックと協力会社の合同で
2ヶ月に1回程度行われています。

 

現場パトロール2011.3.23 003.jpg

何故行うのかと言いますと。。。。

現場では、「安全」を常に心がけて作業に取り組んでいます。
同じことを繰り返すと、ついつい基本的な安全に対する
意識が薄れてしまいます。

 

枇杷島変電所 004.jpg

そのために行なわれているパトロールは、見逃しがちな
ところを気づかせてくれるので、とても為になります。

 

枇杷島変電所 001.jpg

また、安全パトロールを続けていることで(株)シーテックの
「安全」に対する意識の高さが分かります。

 

パトロールには、S部長、S課長また安全担当の方も出席され
作業をしている協力会やシーテック社員にもねぎらいの言葉を
かけてくれます。

 

枇杷島変電所 006.jpg           枇杷島変電所 007.jpg   

ここでも「安全」に対する眼は光っています!!

事故再発防止安全集会の開催

(株)シーテックにて、災害防止集会が開催されました。
現場作業の関係で、2日間で実施されました。

シーテック安全集会 2010.11.09 002.jpg

 

場所は、(株)シーテック大江 会議室です。
時間は、18:00から2時間行なわれました。

Y部長が集会の目的を話しました。
・事故の再発防止と自分がどんなことができるのか。
・共通の意識と危機感をもって、作業に取り組んで欲しい。

シーテック安全集会 2010.11.09 001.jpg      シーテック安全集会 2010.11.09 004.jpg

 

続いて、担当のSグループ長が「請負い作業施工・安全心得書」
から抜粋して説明しました。

・過去の事故事例について。
・現場監督者と責任者の任務について。
・自分自身は自分で守る → そのために監督、現責は
 何をすべきか?ということを考えて欲しい。

シーテック安全集会 2010.11.09 003.jpg

 

今回の集会は、(株)シーテック社員および
協力会社現場監督資格認定者全員を対象としたものです。

最後にスローガンを掲げて集会は終了しました。

シーテック安全集会 2010.11.09 008.jpg

 

スローガン 

「私たちは自分たち身を守るため検電します」


(株)シーテックと協力業社が一体となって、災害防止に
徹します!!

塗装の立会い  日東町変電所

塗装作業の立会いをしました。

東春電気の作業とは直接関係はありませんが、
電気の知識の少ない業者さんが安全に作業をするため
の監視をします。

日東町変 2010.10.23 007.jpg

この作業は、必要な都度行います。
およそ20年に1回くらいです。

作業は、次の手順で行いました。

1 標識図、現場アースを取り付けます。
  (中部電力の方がおこないます)
2 必要な場所以外にペンキがつかないよう、養生します。


日東町変 2010.10.23 002.jpg

3 ケレンで錆びやほこりを落とします。
4 刷毛をつかい、塗装作業をします。

日東町変 2010.10.23 006.jpg

5 危険を感じたら、注意を促します。
6 片付けをします。 

時間はおよそ7時間ほどかかりました。

この作業で、特に気をつけることは次の点です。
・今回は感電防止のための立会いです。
 塗装業者は電気知識が少ないので、
 充電部との境界でおこなうに作業は
 特に注意を要しました。

 

直接関係ない作業も、感電防止は共通です!!

反省会をしました

メンテナンスにミスは許されません。

変電所のメンテナンスも、時間内に何事もなく終わることが、
普通です。

しかし、慣れた作業になると、気持ちの中にスキができます。

この小さなスキが、事故を引き起こす原因になることがあります。

東春電気では、現場で起きたミスについて反省会を開きました。

反省会の出席者は社長を含め9人。

午後6時から始まり8時ごろ終了しました。

目的は、

・同じミスを繰り返さないため
・注意を自分以外にも向け、意識の共有化を図るため

 

河田変 反省会回2010.9.20 003.jpg

小さなミスでも真剣に検討します。

高い技術力の価値を知っているからです。

質の良い仕事をするためには、ミスは許されないからです。

 

頭と気持ちをリセットして取り組む!