電気設備機器 点検現場ブログ

電気設備機器 点検現場ブログ

このブログについて

高圧電気設備機器点検・メンテナンスを行っている、東春電気工業の活動内容をお知ら...

このブログについて

月別に見る

検索

【5-1_教育アーカイブ】

新入社員の様子 その1

進入社員について

今年も新しいメンバーが増えましたo(^-^o)(o^-^)o
YI君とTI君です。

入社すると、電気の基礎を学びます。
大切な講義ですが、とても疲れます。

 

 

新入社員教育 001.jpg      新入社員教育 002.jpg

およそ、1週間の講義を終えて現場作業への準備に
入ります。
若い人の成長には、現場で学ぶことが一番です!!

 

まずは、安全帯の装着練習です。

安全帯装着練習 004.jpg


机上では、随分説明を受けていますが、やはり本番となると
なかなか思うようには行かないものです!!

 

続いて、鉄塔に登る練習をします。
始めは、無駄な力が入りますのでかなり疲れます。

 

安全帯装着練習 005.jpg      安全帯装着練習 016.jpg

慣れてくると、手を離したりするパフォーマンスもできるように
なりました。

 安全帯装着練習 010.jpg      安全帯装着練習 014.jpg

    

 

二人は、こんな感想を言ってました。

YI君 変電所の鉄塔に登ってみて初めて恐怖心を覚えました。
    登ったら両手を離すよう指示されましたが、怖くて
    できませんでした。

TI君 登っている最中は、恐怖でしたが登りきった後は
    それほど感じませんでした。

 

これからの成長が、楽しみな二人です。

 

安心して安全帯を使いこなせるようになってくださいね!!

社内勉強会  Tr普通点検について

今回は、Trの普通点検について勉強しました。
常に行う作業ですが、理屈を知った上で作業を
おこなうと気構えが違います。
講師は柴原リーダーが務めてくれました。

社内勉強会2011.3.29-30 025.jpg

 

今回はプロジェクターを使用しての勉強会でした。
集中している様子が伺えますでしょうか?
真剣な様子です。

社内勉強会2011.3.29-30 023.jpg        

社内勉強会2011.3.29-30 024.jpg

 

また、資料を取り出して確認をしたり、確認をしたり
とても前向きに取り組んでいました。

 

社内勉強会2011.3.29-30 027.jpg        社内勉強会2011.3.29-30 026.jpg

良い雰囲気の中、若い人からこんな質問が出ました。

・ どんなことを質問していいのか分からないときがある。

そこで、ある先輩が知識を"円の面積"に例えて
こんなことを言ってくれました。

・ あまり多くない知識の面積は小さいから質問する知識も少ないです。
  知識を増やす(学ぶ)ことで、質問することが自然に増えます。

これって、すごい!!と思いました。
分かりやすい例えで"なるほど~~"と思いました。

前回に続き、勉強会をすることで新しい"気づき"を覚えました。

 

若い人たちも含め、成長するってうれしいことです。

また、どんな質問もOK!という雰囲気がとても良かったです。
柴原リーダー、ありがとうございました。

次回も、よろしくお願いいたします。

 

勉強会を開きました   電気の基礎知識

社内勉強会を行いました。
仕事に対するモチベーションアップです!!


 

社内勉強会2011.3.29-30 014.jpg    社内勉強会2011.3.29-30 003.jpg

今回は、安田課長に講師をしてもらいました。
内容は「電気の基礎知識」です
事前に資料を作成し、分かりやすい内容のものでした。


 

社内勉強会2011.3.29-30 011.jpg    社内勉強会2011.3.29-30 010.jpg

学校を卒業以来、このようなチャンスはなかなかありません。
みな、真剣に取り組んでいました。


 

社内勉強会2011.3.29-30 008.jpg    

社内勉強会2011.3.29-30 009.jpg

現場作業も大切ですが「電気の基礎知識」を知ることで、
より仕事に取り組む姿勢が変わってきます。

 

講義後のアンケートでこのような言葉がありました。

1 普段の仕事が作業のように進められていましたが、疑問を
  もって取り組む気持ちになった。
2 仕事に対して、質問する内容が増えた。
3 今回学んだことを、どのようにして現場で活かすのか考える!
4 過去の記憶を呼び起されました。
5 もっと、勉強したくなった。

 

うれしいですね~~、ありがたいです。

安田課長、お疲れ様でした。
また、よろしくお願いしますm(_ _)mv♪ありがと♪

 


学ぶことは、いくつになっても大切なことです。
学ぶことで、自身の向上に結びつくと感じました。

次は、Trについて勉強会を予定しています。
がんばろ~~P_(^_^ ) ガンバー♪

社内勉強会  足場組立てとVCB機構細点 

 足場組立てと、VCB機構細点の勉強会を行いました。


入社1年の社員1人(A君)と新入社員2人(I君、N君)です。
講師は現場責任者の柴原さんと小池さんです。

 

足場・VCB勉強会 010.jpg       

足場・VCB勉強会 022.jpg

足場は、主に高所作業(目安として1.5M以上)をする場合に使用します。
また、低い場所でも作業効率の悪い姿勢で作業をする場合にも
組むことがあります。

組立時に気をつけることは、次の2点です。
1 2段以上組む場合は、足場が崩れないようにロープ等で結束をする。
2 足場が水平になっているか、確認をしながら組んでいくこと。

足場組立ては、今回始めてのトライです。
それぞれの様子と、現場責任者の感想です。

A君について

  足場組立てに関して
     現場でも数をこなしているため今回は
     新入社員の補助を主にしてもらいました。

足場・VCB勉強会 016.jpg   

足場・VCB勉強会 017.jpg

  VCBに関して
     機構部のみ分解、組立てをしましたが
     バネの向きを間違えたり、ピンを入れ忘れたりと単純ミスがありました。
     現場でのチャンスが少ないですが、感の良い子なので今後に期待を
     しています。

  足場・VCB勉強会 018.jpg     

足場・VCB勉強会 025.jpg

 

 I 君について
  足場組立てに関して
     体勢が整わない状態でおこなうことを注意しました。
     今回は組む場所の周りはなにもありませんが、現場では碍子を割ったり
     することもあり注意が必要です。  
     何度もチャレンジして、手順や要領は覚えたようでスピードもかなり 
     早くなりました。

 足場・VCB勉強会 013.jpg       

足場・VCB勉強会 015.jpg

 VCBに関して
     CBから機構部を取り外す所から作業しました。
     分解の手順を忘れている様子で、時間がかかりました。
     分解した部品を区画ごとに分けることで、頭の中も整理され
     組み立てるときも、手早くできると思います。

足場・VCB勉強会 019.jpg    

足場・VCB勉強会 024.jpg 

 
N君について
  足場組み立に関して
     回数をこなすうちに手順を覚え、早くできるようになりました。
     現場で組むとなると、碍子や架線、充電部などの障害物があるので
     気を配って行なえればよいと思います。

足場・VCB勉強会 008.jpg   

足場・VCB勉強会 006.jpg

  VCBに関して
     何度か勉強しているので、特にアドバイスはしていません。
     早く組み立てることができました。
     イレギュラーに弱く、最終組み上げ時の機構部とCBとの連結ピンが
     うまく通らないとか、機構部取付ボルトが入らなかったりしてイライラして
     いた。誰もが通る道ですが、落ち着いてできるとより良いと思います。
     誰もが通る道ですが、落ち着いてできるとより良いと思います。


足場・VCB勉強会 023.jpg    足場・VCB勉強会 026.jpg   

このような勉強会を何度も繰り返すことにより、技術を学びます。
現場は本番ですので、練習回数を重ねることでチャンスを
自分でつかんで欲しいと思います。

これからも、若い人の成長に期待します!!


 

勉強会 第2弾!! つい載せちゃいました!

今日は、雨のため作業が中止になりましたo( _ _ )o ショボーン


そんな中、先日に引き続き今日も勉強会を行なった新入社員A君がいました。
教える人も、これまた同じ小池現場責任者でした。


ちょっと、感動しました。
ありがたいことですよね。
勉強した内容は先日行なわなかった作業でした。

制御ケーブルの端末処理で、本人は初めての経験でした。


社内勉強会  ケーブル端末 2010.9.16 004.jpg      社内勉強会  ケーブル端末 2010.9.16 005.jpg

手先の器用さと、圧着する力を継続しなくてはいけません。

小池現場責任者は「初めての割には、上手にできてるね~」

という評価をしてました。


教えた小池現場責任者も、最後は田代技術課長にチェックをしてもらってました。


社内勉強会  ケーブル端末 2010.9.16 012.jpg      社内勉強会  ケーブル端末 2010.9.16 014.jpg

田代技術課長は厳しい評価をしますが、合格点をもらって、満足していました。

良い仕事とは、一人ではなく皆の力の固まりである!!

VCB 機構細点と制御ケーブルの端末処理  勉強会

今日は、小池現場責任者が講師となり新入社員4人と勉強会を行いました。


内容は、VCBの機構細点と制御ケーブルの端末処理です。
二人ずつに分かれて作業を行いました。


それぞれの感想を聞いてみました。
機構細点をした二人は、経験者A君と未経験者B君でした。


A君は、以前に比べ分解する時間が短くなったと言ってました。
また、B君は初めての作業で、結構難しかった。でも自分なりに工夫をしながらチャレンジしたと言ってました。


社内勉強 VCB 機構細点 ケーブル端末 2010.9.14 005.jpg     社内勉強 VCB 機構細点 ケーブル端末 2010.9.14 020.jpg

A君が、B君に教えるというほほえましい光景も見られました。


社内勉強 VCB 機構細点 ケーブル端末 2010.9.14 003.jpg     社内勉強 VCB 機構細点 ケーブル端末 2010.9.14 022.jpg

制御ケーブルの端末処理をした二人も、経験者C君と未経験者D君です。
C君は、すでに現場で教えてもらったので、迷わずスイスイと作業できました。
しかし、配線に関してはまだまだかな~。
D君も、初めてのことで、難しかったです、と言ってました。


社内勉強 VCB 機構細点 ケーブル端末 2010.9.14 001.jpg    社内勉強 VCB 機構細点 ケーブル端末 2010.9.14 011.jpg

ここでも、C君がD君に教えるというほほえましい光景も見られました。

 

社内勉強 VCB 機構細点 ケーブル端末 2010.9.14 018.jpg   

社内勉強 VCB 機構細点 ケーブル端末 2010.9.14 013.jpg

小池現場責任者からのコメントです。


A君・・・工具の使い方が上手くなり、以前に比べ成長がうかがえる。
     試験器の扱いに関しては注意するところもあるが、
         もう2~3回すれば理解も深まるでしょう。


B君・・・細かい作業が苦手なようです。分からないことに
         ぶつかった時は、一人で考えるのではなく
         人に聞いてみる姿勢を身に着けると良いですね。


C君・・・配線に関して、もっときれいにできるように教えたい。
         なかなかセンスがよく、期待をしています。


D君・・・工具の扱い方が身についていないこともあり、苦戦していました。
          しかし、最後まで弱音を吐くことも無くがんばってました。
          もっと、現場で経験できるようにしたいです。
   

                  

現場ではなかないかじっくりと行なうことができませんので、こんな勉強会はとても貴重です。
同期入社の中で、お互い良い刺激をしながら成長していく姿はとてもいいことです。

次回の勉強会での成長に期待してます!!

現地調整試験実務研修  東芝製

保護継電器盤とは、送電線や配電線の事故を検出して瞬時に遮断器に遮断命令を出し、
事故点を切り離し健全回線を助ける装置です。
この装置を新しいものに交換するとき、調整試験が必要となります。
調整試験ができるのは、メーカーの認定を受けた人だけです。

保護継電器盤も各メーカーが作っています。
日立、東芝、三菱、明菱、日新などです。
今回の研修は、東芝が行ったもので、会場は東芝府中事業所でした。


東春電気のベテラン社員Aさんが、この研修に参加しました。

この研修は、3日間びっしりです。
・最近のディジタルリレーに関する技術・動作原理および理論
・工場試験項目説明と注意事項
・現地受入試験説明と注意事項・重点実施事項
・トラブル事項
というような内容です。

Aさんに感想を聞きました。
「研修は、理論がほとんどで難しかった。もっと実習ができると良かった」
と言ってました。三日間お疲れさまでした。
おかげで、Aさんは無事に認定を受けることができました。

 

IMG_8028.JPG

このような研修は、頻繁にあるものではないので、機会があればできるだけ参加します。

各メーカーの試験に対応できることが大切です。

そのためにも、つねに新しいことへの挑戦です。

 

 

プチ勉強会をしました

東春電気では、新入社員が入社すると毎日提出するものがあります。
それは「日記」です。


社内勉強 日記 005.jpg

毎日の仕事が終わり、事務所に戻ってから書いています。
日記には、質問や自分の気づきを書いてます。


新入社員の質問に対し、先輩社員が集まって教えるという場面もあります。
こんな雰囲気、いいですよね~~


社内勉強 日記 004.jpg     社内勉強 日記 002.jpg

自分の会社ながら、とてもうれしく思います。


こうした小さなことが積み重なって、良いチームワークを作ることになります。
また、みんなで若い人を育てようという意識つくりにもなっています。

 

教えることが、自分の学びにもなる!!

東春電気の技術継承の方法 -若手にこそチャレンジの場を!!-

パッキンの取替

T変電所で細密点検をした時に、パッキンを取替えました。
大切な機器に、ゴミや雨水など異物が入らないようにするために
パッキンが、ふたの周りに付いています。

パッキンは、暑い日や寒い日、また雨が降ったりと、厳しい環境のなかで劣化していきます(>_<)
そんな、パッキンを田代技術課長が取替えを行いました(*^^)v


e2.jpg

普段、田代技術課長は点検を中心に行っていますが、
今回は若手を育てるためにパッキンの取り替作業にまわりました(*^。^*)


e1.jpg

パッキンは、サイズやゴムの厚みなど、取り付ける場所により違います。
もともとついているパッキンを丁寧にはがしてから付けます。
部品として現場に持ち込み、交換していきます。
パッキンの取替えという仕事は、点検作業とは異なります。
しかし、重要さは変わりません(*^。^*)


e3.jpg

変電所の点検とは、どれをとっても大切な事ばかりです。
ひとつずつがつながって、安全な電気を供給できるのだと感じます(^^)/~~~