電気設備機器 点検現場ブログ

電気設備機器 点検現場ブログ

このブログについて

高圧電気設備機器点検・メンテナンスを行っている、東春電気工業の活動内容をお知ら...

このブログについて

月別に見る

検索

前の記事へ
次の記事へ

断路器操作BOXの電装品取替  起変電所

電装品の取替を行いました。

起変電所 010.jpg

 

断路器は、モーター駆動にて動作します。
モーターを駆動させるためにいろいろなRY(リレー)が
ついています。
その中の一つが電装品です。

 

この作業は12年に1回行います。

作業手順は次のように行いました。

1 各電装品の回路を切り離します。

 

2 電装品を取り替えます。

 

起変電所 006.jpg

3 回路を接続します。

  起変電所 003.jpg

 

4 図面にて配線をチェックします。

 

起変電所 009.jpg

5 取替後の動作試験を行います。

 

この作業で気をつけることは、次の2点です。

・ 活線での回路切り離す時は、感電や他の電線に触れないよう
  テープにて防護する。
・ 取替後の配線チェックはメーカー形式によって様々なので
  とくに注意を要します。

 

電装品の取替は制御回路の配線接続が正確でないと
大変なことになります。
シーケンス(配線図)を読み切ることが重要です。

 

この作業は、およそ5時間ほどかかりました。

 

電装品取替は、停電時間が短い条件で行います。
組み立て完了後の動作試験では、すこしドキドキしました。
また、33kV設備は、充電部が近く常に注意が必要です。

 

 

起変電所 001.jpg

どんな作業も、常に緊張感をともないます。
そんな緊張感が、ミスをしない仕事に繋がるのです!!